ストレスが原因でなぜできものができるのか?

ストレスが原因でなぜできものができるのか?

できものに悩む女性

ストレスを感じた後に、ニキビや吹き出物ができたことはありませんか?

 

ニキビや吹き出物になる原因がストレスと関係しています。

 

原因と理由を把握して、ストレスからできるできものを予防・解消しましょう。

 

男性ホルモンの増加が理由

 

ストレスをため込むと、男性ホルモンが増加することを知っていますか?

 

脳からはノンアドレナリン、副腎皮質からは男性ホルモンが分泌されます。

 

ストレスを感じると、男性ホルモンの1種である副腎皮質ホルモンには、皮脂量も多く含まれています。

 

男性ホルモンが増えることで、皮脂の分泌も活発になり、吹き出物ができやすくなります。

 

思春期にニキビができる原因も、皮脂の分泌が活発になるからなんです。

 

スポンサーリンク

 

ストレスでターンオーバーできないのが原因

 

周期で肌が生まれ変わるのをターンオーバーといいます。

 

28日+年齢が足された周期で、新しい皮脂細胞に生まれ変わります。

 

肌が生まれ変わることで、古い角質を落として皮脂も排出させます。

 

ターンオーバーができないと以下の問題がでてきます。

 

  • 角質が落とせない
  • 肌が厚くなる、堅くなる
  • 毛穴がふさがる
  • 毛穴に皮脂がつまる
  • つまった皮脂を餌に、アクネ菌が過剰に分泌される

 

吹き出物を作らないために、ターンオーバーを正常に行うことが大切です。

 

ストレスが肌の生まれ変わりを邪魔するので、ターンオーバーを促進するビタミンCを積極的にとりましょう。

 

殺菌効果も含まれるので、ストレスニキビを早く治せます。

 

睡眠の質が下がったことが原因

 

ストレスを感じると、脳と神経が攻撃されて興奮状態が続きます。

 

自律神経のバランスも崩れるので、興奮状態からリラックス状態に戻ることができなく、睡眠の質がどんどん下がります。

 

睡眠の質が下がると、便秘やターンオーバーができなくなります。

 

寝ている間に排便の準備や腸が活発に活動するので、質が悪い睡眠となり、便秘をまねきます。

 

便秘になると毒素が発生し、肌荒れやニキビが起こります。

 

ストレス解消やニキビの改善に、睡眠は大事な役割です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

以上が、ストレスでニキビができる原因や理由の紹介でした。

 

大人ニキビの原因は、ほとんどがストレスです。

 

  • ストレスで男性ホルモンが分泌
  • 皮脂量が多く分泌される
  • ターンオーバーができず、毛穴がふさがる
  • アクネ菌が過剰に発生し、炎症がおきる
  • 睡眠の質が下がり、肌荒れ・便秘になる

 

あごや口周りにできたニキビは、ストレスから多く分泌された男性ホルモンが原因です。

 

男性ホルモンが分泌されるのは、ストレスに負けない体を作るためです。

 

ストレスを感じたら、できるだけ早くストレスを解消しましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク