男性と女性どちらがストレスに弱いのか?

男性と女性どちらがストレスに弱いのか?

男性と女性が悩んでいる

男性と女性でストレスに弱いのはどっちだと思いますか?

 

男性と女性では、価値体系も分泌ホルモンも変わってきます。

 

この差で、どちらがストレスに弱いかわかります。

 

ストレスに弱いのはどっち?

 

実は比べたときに、ストレスに弱いのは男性です。

 

男性の方がストレス耐性が弱いです。

 

男性が重視する価値体系と分泌されるホルモンの違いです。

 

男性の価値体系は仕事になりますね。

 

女性は結婚・出産・育児と仕事を休む期間ができます。

 

そのまま専業主婦になる方もいますが、多くの男性は定年まで働いています。

 

男性の価値を決めるのは仕事、自然とそういう意識を持ってしまい、ストレスの原因は仕事関係が多いです。

 

男性はストレスを抱えたとき、この解決策を見つけようとします。

 

女性とちがって、男性はストレスの原因と向き合います。

 

解決策が見つかるまで向き合うので、その間は独りの時間を必要とします。

 

同時にいくつも考えることが出来ないので、趣味や独りの時間に没頭して解決策を探します。

 

男性にはこの時間がとても重要です。

 

価値体系が仕事だけなので、これがうまく行かないと全部がだめになった錯覚に陥ります。

 

スポンサーリンク

 

女性の価値体系はさまざま

 

女性は男性とちがい、仕事・育児・妻といろんな立場を経験します。

 

価値体系もさまざま、女性は臨機応変に対応できます。

 

仕事で失敗しても、帰宅したら育児や家事が待っているので、結果よりも行程を大事に出来ます。

 

この差で、男性よりも女性がストレスに強いのがわかります。

 

女性のみに多く分泌されるオキシトシン

 

脳科学・心理学的にも、女性の方がストレスに強いといわれます。

 

その理由は、女性のみに多く分泌されるオキシトシンの影響です。

 

オキシトシンは、人との結びつきを生む・幸福感を与える・ドリングホルモンといわれ、出産や授乳のときにも分泌されます。

 

女性ホルモンと結びつくと、さらに効果が高まります。

 

男性はじぶんの殻にこもって解決策を探しますが、女性は話すことで気持ちを整理してストレスを解消します。

 

男性はプライドがあるので、じぶんが抱えたストレスを他人に話すことができません。

 

女性は話すことを恥だと思わないので、気にせず他人に話すことができます。

 

外に吐き出すことで、男性よりも早くストレスを解放できます。

 

男性にもオキシトシンが分泌されますが、女性の方が分泌量は多いです。

 

スポンサーリンク

 

男性に分泌されるホルモン

 

男性は反対に、腎臓皮質からストレスホルモンコルチゾールが多く分泌されます。

 

このコルチゾールがドーパミンと男性ホルモンの働きを邪魔するので、うつ状態やイライラ・不満を感じさせます。

 

ドーパミンは快楽ホルモンとも呼ばれ、男性のストレス解消に必須ホルモンです。

 

快楽ホルモンを求めて、男性はお酒・ギャンブル・女性関係に依存します。

 

上記の3つをおなじ快楽ホルモンを、頭を使うゲーム(チェス、パズル、推理ゲームなど)でも得られるので、活用してください。

 

まとめ

 

女性は男性よりも、共感・感受性が豊かです。

 

受けるショックも男性より強いですが、妻や母になる女性の耐性は強いです。

 

男性がストレス解消できるように、ひとりの時間を邪魔しないで尊重しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク


関連ページ

日本がストレス社会になった原因って?
通勤中に他の人を見ると、ため息をついている人、暗い顔をしている人が多いです。なぜ日本はストレス社会になったのでしょうか?今回は、日本人がストレスに悩んでいる原因について考えてみました。
介護中によくある3つのストレスの原因
これから介護をする人にとって、不安になることの1つがどんなことが自分にとってストレスになるのだろう?とゆう疑問ではないでしょうか。今回は、介護中によくある3つのストレスの原因をご紹介します。
すぐにイライラする原因と簡単な解決方法を教えます!
この頃、短気になったと感じることありませんか?そのすぐにイライラする原因は、疲れからきている可能性があります。疲れとストレスの関係性について調べて、解決方法を教えます。
仕事をするとストレスがたまる!! | よくある3つの原因
仕事場でのストレスは、職場の人間関係、仕事の室、仕事の量の3つが原因になることが多いです。イライラしてしまう人は、ストレスの原因を理解し、解消していくことが必要です。
仕事をさぼる人にイライラしない3つの対処法
上手に仕事をさぼる人っていますよね。人は人、自分は自分と思っていても、イライラしてしまうのは仕方のないことです。そんな気持ちのもやもやを解決する対処法をお伝えしていきたいと思います。
うつになる前に転職しよう!ストレスの少ない仕事を3つ紹介
職場でストレスが溜まり、もう辛いと感じている人は、転職も考えるべきです。もし、うつ病になってしまったら、働くことすら困難になります。メンタルが弱い人は、ストレスの少ない仕事にするべきでしょう。
心が弱い人におすすめな仕事 | 人間関係が少ない仕事を4つ紹介
心が弱いと職場での人間関係が億劫なので、関わりの少ない仕事を選ぶのではないでしょうか。今回は、心が弱い人におすすめな仕事を4つ紹介します。
メンタルが弱くなる原因とは?
ストレスに弱い自分はもしかしたらメンタルが弱いのかも?そもそも、あなたのメンタルは昔から弱いものでしたか?そこで今回は、メンタルに影響する要因についてご紹介させていただきたいと思います。
ストレスの少ないおすすめなバイト3選
バイトが辛いと感じたら、他のバイトを探すとゆう手もあるでしょう。正社員と違い、時給も似たり寄ったりなので、楽しい仕事をするべきです。今回は、ストレスの少ないおすすめなバイトを3つ紹介します。
恋愛でストレスが溜まる方への対処方法
恋愛は、あなたの感情1つでストレスになったり、幸せになったりします。恋愛でストレスになるのは嫌ですよね?今回は、イライラが溜まっている方への対処方法をアドバイスします。
高校生でよくある3つのストレスの原因
高校生になると、自分の意思で学校を選び、将来を考え出す時期になります。勉強でのプレッシャーでストレスを抱えることもあるでしょう。今回は、高校生が抱えるよくあるストレスの原因をご紹介します。
中学生でよくある3つのストレスの原因
思春期や本格的な反抗期に入る中学生の時期は、ストレスの原因がたくさんあります。その中でも、よくある3つを紹介します。どんなことにストレスが溜まっているのかを把握しましょう。
小学生でよくある3つのストレスの原因
子供が小学生になると、どんなことがストレスの原因になるかご存知でしょうか?親が現代の小学生が抱えるストレスがどんなものなのかを知っておくことは大切なことです。