腸が喜ぶ=あいうえお=「あ」

u388fjhnwn4guexst6rm_320_400-f4bf99bd.jpg

=アウト、出す

便、尿、汗

不要なもの出せるものはしっかりと出し!=抱え込まない

出せばパワーが入る!

⚫出して出すー息、尿、便、熱排出=丹田呼吸法
イライラ、ストレス、患者モードは捨てる、気分転換、休み、寝る、酒、愚痴会話や笑い

腸の運動は=歩く事(腹がゴロゴロ)

=不要物は穴から出る=
①陽氣は上の7穴(目2穴、鼻2、耳2、口)
ー陰氣で下の2穴(肛門、尿道)から出す
皮膚は無数の穴で、腸が第2の皮膚


///////////////////////////////////////////
季節変動は激しい、
体対応ひと苦労の高齢者も多いのでは


出すは体力
便、尿、汗、氣=しっかり出そう!
21年7月14日(水)より導尿2回/日

高橋誠一郎=副作用で
1日Ⅰ食


//////////////////////////////////////////////////////////////////////

それにプラス
薬、食品添加物などは懸命に排除(痒いは出す力)
出す力がないなら、初めから入れるな!
解毒機能に負担


春の野草、ワラビを頂く
良くあく出し後、頂くもの
あく出し不充分でパクパク食べたら
胃腸がビックリ、3日間も下痢する(笑)

みんなからのコメント

  1. 管理者

    薬を逆に読むと
    『リスク』
    なるべく飲むな!
    毎日蒸し暑い
    体内に熱が籠り、
    辛いがじっとり汗せん
    から汗で温度調整
    でも人は排出能力
    代謝機能
    悪いものは下痢か
    吐き出す、湿度も調整
    代謝は若い人が強い
    コロナが体内侵入
    でも免疫力と代謝で
    大丈夫、
    悪く言えば、若者が運び屋でばら撒き
    高齢者へ感染、重症化

  2. 管理者

    4年前に健康診断を受けたら 
    血圧が160代 尿から蛋白が出てました
    医者から降圧剤 中性脂肪を減らす薬を
    処方され呑んでましたが 
    2年後 立ちくらみ めまい 動悸が、
    頻発しました

    このような副作用が起こることは
    わかっていたので 
    自分の意思で薬を止めました

    以前 石原結實医師の著書 「医者いらず 薬いらずで病気は必ず治る」 
    を以前買って読んでいたので
    読み返し 1年かけて1日1食生活を達成しました
    結局 癌 糖尿病 血管疾患系の病気は 
    食べ過ぎが原因ですね

    その結果 体重4キロ減り 血圧も140代 疲れにくくなり 
    体調もかなり良くなりました

    さらに 現在 何度かノーベル化学賞候補になった
    前田先生が発見した 活性酸素を除去する スーパーフード 
    野菜スープを毎日食べてます

⑤腸のあいうえお=バランス

カレンダー

2021/12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アンケート

アンケートがありません

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です