自分の体は自分が一番知っている

i2v5surb7jg9ww5m53sm-ebad8433.jpg


リハビリ4年半で学んだ宝物で、
あなたに伝えます。
患者は医者を病を治す神様、専門家
ウン、なるほど専門家です
もっと言えば専門分野を見る人です

例えば、私は大動脈解離と下半身麻痺です

≪大動脈解離≫の術後の医学は
①術後の経過をエコー等で確認
②血液検査の数値を確認
異常があれば直ちに対応する
まさにこの分野ぼ専門家ですが
医者でさえ大動脈解離や心臓の回復は
患者の自然治癒力が頼りと思ってます。
生命力不足の人は死ぬと見ている。


≪下半身麻痺≫

これは医学から離れ、リハビリ師の分野
医者に診てもらいたいが
麻痺の検査しません
現実、困っているのは麻痺です
だから自分で回復させるより道は無し


≪耳鳴りを例にしても≫

耳鳴りについて、明確な原因は判らない
原因が判らないものに治療法も判らない
それでも医者に迫れば、薬くらいは出す

西洋医は西洋薬、東洋医学は漢方
器具系は補聴器を出す、
それにサプリ業者も群がる。
彼らは専門分野内での対応で
根本治療ではない。

もう一度、原点に戻り
自分の体は自分が一番知っている
思慮深い患者はけして素人ではない
そして自分の体験を積み重ね、
いろいろ工夫する。
これが唯一解決策だと思う。
決して縋っても駄目です。

みんなからのコメント

⑥体の不思議な仕組み

カレンダー

2020/9
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

アンケート

アンケートがありません

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です