脳と腸の機能研究

発達障害の腸と脳の関係
脳と腸の機能研究が進むにつれて、
「脳腸相関」が語られるようになってきました。
脳と腸の関係性については、
ストレスが強まると下痢や便秘になりやすいことから、
以前から指摘されてきました。
腸の働きは自律神経の交感神経と副交感神経の働きに影響されていて、
ストレスが強まって交感神経の働きが盛んになると、
胃の消化が低下して、腸の吸収も蠕動運動も低下します。
そのために便秘になりやすくなるわけですが、
便秘になると腸内に有害物質がたまりやすく、
これを排出するために下痢が起こるという困った状態が起こります。
腸内環境とうつ病、自閉症に関する研究も進められていて、
国立精神・神経医療研究センターの研究チームが、
うつ病患者と健常者の腸内細菌を比較したところ、
うつ病患者は善玉菌の代表であるビフィズス菌が少なく、
乳酸菌も少なくなっていたと発表しています。
脳と腸のどちらが影響しているかということですが、
うつ病では末梢神経や中枢神経の慢性的な炎症がビフィズス菌を
減らすことを研究チームは指摘しています。
これは脳が腸に影響を与えているという考えです。
発達障害の自閉症スペクトラム障害と腸内細菌の関係については
世界的に研究が進められていて、
アメリカのアリゾナ州立大学の研究チームは、
自閉症スペクトラム障害の児童は腸内細菌の多様性が低くて、
腸内環境が乱れやすいと報告しています。
腸の状態が悪いほど自閉症スペクトラム障害の状態が
悪くなるとしていて、
自閉症スペクトラム障害の児童に
健康な人の腸内細菌を移植したところ、
2年間はかかったものの、
自閉症スペクトラム障害の
状態が改善したと発表しています。
試験前には83%が重度の状態だったものが、
2年後には重度は17%にも減って、
ビフィズス菌のほかに、腸壁を守る酪酸を作り出す
プレボテラ菌が大きく増加したといいます。
腸内細菌移植は日本では一般に
受けることはできないので、
腸内環境を整えるためのビフィズス菌の摂取、
善玉菌を増やす糖質や食物繊維の
摂取を心がけるというところから
始めるべきだということになります。
アメリカでは食物繊維の摂取が多いと
うつ病のリスクが低くなり、
台湾では子どもに乳酸菌を毎日摂取させたことによって
発達障害の注意欠如・多動性障害の改善が
みられたと報告されています


 医療ジャナリスト:小林正人

みんなからのコメント

④腸と脳は一体=腸脳相関

カレンダー

2020/8
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アンケート

アンケートがありません

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です