コロナ陽性体験=自宅待機、免疫力で生還


世界がコロナへの本格的な対処をはじめてから数ヶ月。

世界での感染者は増加の一途を辿っていた。

しかし幸い私の家族や友人にはコロナの感染者はおらず、半ば対岸の火事のようだった。

 

ところが2020年10月の半ばに事態は急変する。

dc2rcnm623dokn65g25h_320_400-bcee0b86.jpg

10月のある時、友人に誘われて久しぶりに酒宴の席に顔を出した。

久しぶりのお酒の場。盛り上がってたくさん飲んだ。

h4es897ovokh894yn58x_320_400-ad617dd2.jpg

しかし翌日起きてみると、喉が酷く痛むのだ。

腹痛も酷く、朝の数時間だけで数回は下痢をした。

さらに酷く寒く感じていた。

寒さを紛らわせようと白湯を飲むと、いつもと味が違う。

 

普通ならここで「もしかしてコロナかも?」と疑うべきだろう。

しかし当時の私は

「コロナのわけが無い」「久しぶりにお酒をたくさん飲んだからだ」

と自分自身を納得させていた。

az2uojxukxbswabz97h9_320_400-321938c1.jpg

その日、私は友人と森にハイキングに行く約束をしていた。

朝は症状が酷かったが、昼頃になると少し症状が和らいだ気がしていた私は、あろうことかハイキングに行ってしまう。

xa5kjsthb2d4mrfb4a6h_320_400-4e7f9b4e.jpg

最初は調子がそれほど悪くなく「やっぱりお酒のせいだったんだ」と楽観的に考えていた。

近くの森だからと道を十分に確認せずに入った結果、迷うことに。

その日は12-13度ほど。寒い中、5時間ほど歩くことになってしまう。

そしてなんとか帰り道を見つけて家に着く頃には、空咳がでて足が思うように動かず、発熱し悪寒がして、側から見てもブルブルと震えているのが分かる程だった。

この時には楽観的な私でも、「コロナ」の3文字が頭をよぎっていた。

 

92fg7czmomswjpnrjsy4_320_400-d5bdf363.jpg

 

その日はすぐに就寝したが、翌日になっても症状は軽くならない。

息ができないと感じるほどではないが、運動をしたわけでもないのに、呼吸が荒い。

そこでようやく私は自分がコロナである可能性が高いことを認め、保健所に電話をした。

3zve93c5rjf4psynbo7o_320_400-fbb4639a.jpg

そしてPCR検査を受けることに。

インフルエンザの検査のように、鼻の奥に綿棒を入れられ、涙がでたのを覚えている。

すぐに隔離をされるのかと考えていたが、結果が出るまでは自宅にいられるらしい。

検査から結果が出るまでには数時間かかっ

 

数時間後、病院から電話がかかってくる。

祈るような気持ちで電話に出ると、結果は陽性。

コロナに感染していることが確定した。

 

コロナに感染していることが分かって、余計に体調が悪くなったと感じていた。

病は気からというが、本当だったのだ。

その時の症状は発熱・倦怠感・咳・喉の痛み・下痢・味覚異常・息苦しさ。

コロナのよくある症状の多くを発症していた。

 

倦怠感は非常に強く、体を起こすことができないと感じる日が数日続いた。

コロナに感染する前は、トレイットペーパーが2個は残っていた。

しかし下痢が酷くすぐに使い果たしてしまった。

スーパーマーケットに買いに行きたいが、歩いて5分のスーパーに行くこともできない。

何より5分間も下痢を我慢できるか自信がなかった。

また一人暮らしをしているため、家族に頼むことも難しい。

家にあった化粧用のコットンを使ってなんとか凌ぎつつ、なんとか探すと日用品の即日配達サービスを行っているスーパーを見つけることができた。

そのスーパーは注文から40分ほどで商品を配達してくれる。

もしそのスーパーがなかったら今頃どうなっていったかは分からない。

 

合わせて食品も注文した。

本来なら野菜や果物など、栄養のある食品を注文するべきだろう。

しかし当時の私は野菜や果物を切るのも難しいほど、体調が悪かった。

そのため何もせずに食べられるパンなどを食べていた。

egdnj2pn8u465jt2kpr5-b51b26be.jpg

他に困ったのが仕事だ。

私はフリーランスとして仕事をしており、それぞれの仕事には納期が存在する。

会社に属して仕事をしているのであれば、仕事を休んでも注意されるだけだろう。

しかし企業や個人の外注先として仕事をしているフリーランスは別だ。

仕事を休んで納期を遅らせてしまえば、簡単に切られてしまう可能性がある。

 

 

そのため私はベッドに横たわり、お腹の上にラップトップを置いて仕事をした。

普段通り仕事をする体力はなく、1日2〜3時間だけだ。

頭が働かない中、仕事をしているので、効率は普段の数十分の1程度だったように思う。

コロナで不安なうえ、仕事を失う不安まで抱える必要があったのは辛かった。

 

日用品は通販サイトで購入し、1日のうちの調子の良い2〜3時間だけ仕事をして後の時間はずっとベッドで寝ている生活を1週間ほど送る。

 

体調は少しずつ回復してきており、この時には息苦しさは完全に消えていた。

「普通の風邪」ほどの体調の悪さはなくならなかったが、スーパーに行き、自宅で調理を行い、1日に数時間ほど働くことができるようになっていた。

ygfkb7yx9inkhky7mtyu_320_400-3a6d4ab5.jpg

そしてさらに数日経過し、体調不良はなくなった。

再度PCR検査をした結果、陰性。

2週間近く経過してやっとコロナから解放された。

as6ifr69h7n9fyox7pbt_320_400-c8a6000a.jpg

まずは免疫第1

とは言っても毎日の食材探しは面倒
それならズバリ、腸内細菌が喜ぶサプリ、知っていますか?
乳酸菌発酵物質

こちら
https://www.chyo.jp/shopping/lp.php?p=tennenbitsu&adcd=cnothyms7pt

みんなからのコメント

  1. 管理者

    爆笑問題・太田光もコロナ陽性
    頭痛➡高熱➡神経痛が
    順番に発症

腸(免疫)のお話

カレンダー

2021/1
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アンケート

アンケートがありません

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です