男性によく起こるストレスによる病気

男性によく起こるストレスによる病気

ストレスで悩んでいる男性

男性が、ストレスを溜めるとなる病気があります。

 

今回は、男性がなる恐れがある病気のまとめと対処法を紹介します。

 

ストレスが原因で慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群になる!?

 

男性がストレスを抱えると、慢性前立腺炎(骨盤内疼痛症候群)になる恐れがあります。

 

慢性前立腺炎の危険分子は、ストレスを抱えることでどんどん増えていきます。

 

ストレスを与えると病気になるのか、動物実験で検証しました。

 

その結果、ラットもストレスで慢性前立腺炎を発症しました。

 

慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群の主な症状

 

  • 会陰部(陰のうと肛門の間)の痛み
  • 下腹部の痛み
  • 股間部の痛み
  • 睾丸の痛み
  • 尿道や陰茎の痛みや不快感
  • 排尿痛
  • 射精時痛
  • 頻尿
  • 残尿感

 

スポンサーリンク

 

処方される薬

 

慢性前立腺炎に処方される薬の内容は、植物製や漢方薬、抗菌薬や精神安定剤が含まれます。

 

ストレスも大きく関係する病気なので、治療するには、リラックス時間やストレスを解消することが重要です。

 

男性は、ストレスを抱えたときに、ギャンブルやたばこやお酒など、快楽ホルモンが分泌されるものにハマりやすくなります

 

お酒やタバコは生活習慣や自律神経を乱し、慢性前立腺炎の原因にもなっています。

 

ストレスは、依存症も引き起こすので、解消するために始めたタバコやお酒にどんどんハマる恐れもあります。

 

もし、タバコやお酒でストレスを解消している人は、頭を使うチェスや推理ゲームに変更するのがおすすめです。

 

お酒やタバコとおなじ効果でストレスを解消します。

 

ストレスで心因性EDになる!?

 

心因性EDの原因は、血管の劣化だけでなく、男性のストレスが大きく影響しています。

 

ストレスを抱えすぎるとEDの可能性がでてくるので、注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

男性は女性よりストレスに弱い

 

実は、男性は女性よりもストレスを感じやすいです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスを感じているときには、交感神経が活発になります。

 

交感神経が優位になっているときは、脳が興奮状態にあります。

 

この興奮状態が続くと、高血圧や循環器系の病気の恐れがでてきます。

 

男性は、ストレスが原因で起こる循環器系の病気になりやすいです。

 

まとめ

 

病気を引き起こさないために、ストレスを発散すること、生活習慣を乱さないように意識してください。

 

病気を防ぐには

 

  • ストレスを解消する
  • お酒はほどほどに
  • タバコはなるべく禁煙する
  • リラックスできる時間を作る
  • 生活習慣を乱さない(食生活・睡眠・運動)

 

病気の心配があるときは、一人で抱えず病院に相談しましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク


関連ページ

ストレスからくる病気の一覧をまとめました
職場、学校、家庭とストレスを感じることありますよね。こうした、ストレスも抱え込みすぎると病気になることがあります。今回は、ストレスからくる病気を一覧にしてみました。
女性によく起こるストレスによる病気
ストレスを感じているときに体の変化があると病気かな?と悩むことがありますよね。男性と女性でストレスによる体への影響は違います。今回は、女性によく起こるストレスによる病気を紹介します。
妊婦のストレスはどんな悪い影響があるのか
妊娠中はホルモンバランスが崩れているため、ストレスが溜まりやすい時期です。そこで気になることは、お腹の子供への悪い影響です。妊婦のストレスは、どんな影響を及ぼすのでしょうか?
気管支喘息の原因はストレスって本当?
気管支喘息は、日常生活や仕事に大きな影響を及ぼすとても辛い疾患です。悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、気管支喘息とストレスとの関係について紹介します。