ストレス解消方法 小校生向け

ストレス解消方法 小校生向け

小学生3人と女性が仲良く食事

大人たちは、気づいていないかも知れませんが、小学生でもストレスを抱えています。

 

まだ、小学生では上手なストレス解消方法を知らないでしょう。

 

小学生のストレスのサインは、腹痛などの体調にでてきたり、学校に行くのが嫌になり不登校が起こります。

 

大人はまだ子どもと思って接していても、小学生のときから人間関係の戦いは始まります。

 

見えていないところでいじめもあるし、女子/男子同士の派閥や仲間外れも立派にあります。

 

なので子どもだから大丈夫と親の考えで決めつけず、小学生の抱えるストレスにきちんと向き合ってあげてくださいね。

 

今回は、小学生が抱えるストレスを解消する方法を紹介します。

 

スポンサーリンク


ストレス解消方法 両親が話を聞いてあげる

小学生でも子どもなりに考えこむことや悩むことがあります。

 

もう立派に人間社会の仲間入りをして、戦っているんですね。

 

だけど、自分の置かれている状況や気持ちを簡潔にはなすことはできません。

 

親に気持ちや考えを決めつけられると、もう誰も頼ることができないと、言葉にするのをあきらめてしまいます。

 

いちばんのストレス解消法は、子どもの抱える原因をなくしてあげることです。

 

そのためには、いちばんの味方である両親が、子どもの話をじっくり聞いてあげてください。

 

多くの親がついついやってしまうことがあります。

 

理由を聞かずに一方的に怒ってしまう。これは子どもが心を閉ざしてしまう原因にもなります。

 

例えば、学校でいじめられていて、つい手をだしてしまった・・。

 

いじめられているとゆう事実を聞かずに、手をだしてしまったことだけを怒ってしまうと子どもは、もう親にいじめられているとゆう真実を話してくれなくなりますね。

 

怒らずにしっかりと傾聴してあげると、根本的な解決策を一緒に考えてあげることができます。

 

両親が話を聞いてあげることが効果的なストレス解消法ですね。

ストレス解消方法 カウンセラー

小学生が抱えるストレスの原因のほとんどは、友人・対人関係です。

 

学校で起こる問題なので、先生やカウンセラーの協力も必要です。

 

カウンセラーは話を聞くのが上手で、時間をかけて信頼関係を築いてくれます。

 

子どもが話せない悩みも、カウンセラーを通して両親や先生に伝えることができ、問題の解決策を練ることができます。

 

子どもが急に不登校や、腹痛や体調不良で学校に行けなくなると、両親はすごく不安になって焦ってしまい、正しい判断ができなくなることがあります。

 

そんなときには、プロのカウンセラーが助けになってくれるでしょう。

 

大人のストレス解消方法にも、友達と話すことやお酒を飲みながらグチをいうとゆうことがあるように、第3者に話を聞いてもらうことは大切です。

 

小学生のときに起こる人間関係の悩みは、自分から上手に大人に話すこともできないし、頼り方をまだ知らないのでストレスを抱えこんでしまいます。

 

話出せるまで待つか、話を聞く姿勢を子どもに伝えてあげてください。

 

カウンセラーの部屋は、子どもが落ち着く空間づくりがしてあるので、連れていくだけでも気持ちが休まると思います。

 

スポンサーリンク

ストレス解消方法 らくがき

もし不登校で引きこもってしまったとき、学校に行けなかった日は、好きなことをさせてください。

 

大人がストレスを発散するように、子どもも好きなことをしてストレスを発散します。

 

らくがきがストレス解消になるのでおすすめです。

 

らくがくをしているとき、思った以上に集中力を使っています。

 

紙とペンがあればできるし、難しいことも考えないで済むし、気分転換にもなるので、よかったら試してください。

まとめ

自分の頃もそうですが、小学校の低学年から女同士の戦いは始まるし、男同士は分かりやすくハブります。

 

初めてぶち当たる人間関係で、大人が気づいて声をかけてくれるまで、子どもはどうしたらいいのかわかりません。

 

ストレスになっている悩み、今のきもち、テレビの話でもいいので、まずは子どもの話をじっくり聞いてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

スポンサーリンク