発達障害児は睡眠問題を抱えていることは
調査で明らかにされています。
一般には睡眠問題で多いのは睡眠習慣の乱れで、
就寝する時間、起床する時間が一定しなくて、
睡眠時間が長くなったり、短くなったりします。
睡眠時間が短くなると、
日中に眠気が起こるのは誰にとっても同じことです。
この他にも不眠症、過眠症、睡眠時無呼吸症候群、
睡眠時驚愕症、夢中遊行もみられています。
発達障害児の中でも自閉症スペクトラム障害、
注意欠如・多動性障害では、
睡眠障害は50%以上にもなっていて、
一般の2倍以上の頻度となっています。
その理由について、
さまざまな研究機関で調査・研究が
進められていますが、
いまだに発達障害児に睡眠問題が起こるのかの理由について、
明確な結論は出されていません。
発達障害児は自律神経の調整が乱れやすく
そのために交感神経が盛んに働くべき
昼間の時間帯に副交感神経が働いて、
昼間に眠くなり、副交感神経が盛んに働くべき
夕方以降の時間帯に交感神経が働いて、
なかなか眠くならないということにもなります。
逆の見方もあり、昼間に眠くなり、
夜に眠くならないことから自律神経の
調整が乱れていくことも考えられています。
原因はわからないものの、
退屈になると眠くなる脳内メカニズムの一端が、
筑波大学から発表されています。
マウス実験ですが、
大好物やおもちゃで気を引いてモチベーションを高めると、
意欲に関わる脳の側坐核の活動が変化して、
覚醒度が高まり、覚醒時間が延びて、
逆に睡眠時間が減ることが見出されています。
このメカニズムが人でも働いているとすると、
注意欠如・多動性障害のように注意散漫であったり、
自閉症スペクトラム障害のように注意や関心が
向く領域が限られていると、
モチベーションが高まることが少なく、
強い眠気が出やすいことが考えられています。


 医療ジャナリスト:小林正人

みんなからのコメント

ログインが必要です

カレンダー

2020/9
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

アクセスカウンター

11
今日のアクセス
65
昨日のアクセス
12552
総アクセス数
ページ先頭へ戻る
読み込み中です