新型コロナウイルスの感染を防ぐために、
中国ではエレベータのボタンを指で押すのは危険だからと
爪楊枝を使うということが報道されてから、
国内でも爪楊枝を持ち歩く人もいて、指で押さないようにする人もいます。
その行き過ぎともいえる行為を目にしました。それは高齢者が杖の先を使ってエレベータボタンを押しているシーンです。
エレベータボタンを指で押す前に除菌シートで拭く、
押した後にも除菌シートで指を拭く、
といった行為で接触感染を防止する方法もあるのですが、
それよりも杖の先で押すほうが簡単なのは理解できても、
そのあとに指で押す人のことを考えると、
別の意味で汚い、危ないと思えてしまいます。
杖の先には道の、どんなものが触れているかわからないので、
そんなシーンを目にしたら、
相手が人生の大先輩であっても注意すべきところでしょうが、
爪楊枝でエレベータボタンを押すシーンを何度も目にしていると、
注意するのに躊躇してしまいます。
爪楊枝ではなく、ティッシュを使って指が触れないようにする方法もあるのですが、
どうしても指で押さなければならないときには、指先ではなく、
指を曲げて第二関節で押します。
押すところもエレベータボタンの真ん中ではなくて、
できるだけ端を押すようにします。
接触感染は指先から伝染することがあるので、
指先ではタッチしないようにします。
エレベータを呼び出すときと、行き先階を押すという2回のリスクがあります。
「閉」ボタンを押すとリスクが3回になるので、これは押さないことにします。
新型コロナウイルスの濃厚接触の距離は2m以内とされているので、
エレベータの狭い箱の中は、とても危険な空間となります。
そこにマスクをせずに、くしゃみや咳をしている人がいたら、
こんなに危ないところはないので、自分がマスクをしていても危ないことから、
壁の方を向いて飛沫を避けるようにします。
できることならエレベータに乗らないようにする、
エスカレータがないなら階段で上り下りをするほうを選びたいところですが、
ビルの中には外に非常階段があるだけというところもあるので、
体力をつけておくべきだということかもしれません。

みんなからのコメント

カレンダー

2020/8
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

アクセスカウンター

10
今日のアクセス
79
昨日のアクセス
9312
総アクセス数
ページ先頭へ戻る
読み込み中です