血の巡り+骨


ofyikfgyehhdrsg4xf57_320_400-d5b6802c.jpg

血の巡り=血液+血管が健全なら
脳梗塞や血管系も安全
術後
血液悪く=手足冷え=足先が黒かったは
➡21年に入り、巡り始めた、温かい4
糖尿病は血液にガラスの破片、血管を傷つける
腸に薬でなく、良い食材を入れ、出す事
ー特に第2の心臓が決め手
腸を休ませる断食(小食)
そして動かす事(働く)
腸内細菌は何よりストレスが大嫌い
笑いで体内製薬工房が作動
幸せホルモン、セレトニンを製造しています。

《骨》
骨の役割は広い=肉体、血管、神経経絡の
支えだけでなく
免疫球や血液の前身=血ショウまで生む
私は風化貝化石カルシュウムを飲んでいる

///////////////////////////////////////////////////





















































































 

みんなからのコメント

  1. てっちゃん

    《細胞》
    細胞とはなにか?
    cell. 生物体を構成する形態上の基本単位で、生命現象を表す機能上の最小単位でもある。 細菌、下等藻類、原生動物などの単細胞生物は、一個の生命そのものであり、多細胞動植物の体は、種々の分化した細胞集団の統制と調和ある有機体である



    《ミトコンドリア》
    細胞内におけるミトコンドリアの重要な役割としては、エネルギー(アデノシン三リン酸;ATP)の産生である。 それ以外にも、細胞内カルシウムイオン濃度の調節や脂質の酸化、また近年は免疫反応においても不可欠な働きをしていることが明らかになってきた。

    《ニューロン》
    ニューロン(neuron)とは、生物の脳を構成する神経細胞のことである。 この神経細胞は、図 2.1のような構造になっており、 核が存在する細胞体、ニューロンの入力である樹状突起、出力部分であるシナプス、 伝送路に当たる軸索がある。 人間の脳の場合にはこの細胞が100億から1000億程度あるといわれている。2012/03/09

  2. てっちゃん

    酸素飽和度(SpO2)は肺や心臓の病気で酸素を体内に取り込む力が落ちてくると下がります。主に病院や在宅治療の患者さんで、必要に応じて測定します。睡眠時無呼吸症候群の簡易診断にも利用します。加齢によってもある程度低下し、労作時にも変動します。
     一般的に96~99%が標準値とされ、90%以下の場合は十分な酸素を全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)になっている可能性があるため、適切な対応が必要です。慢性に肺や心臓の病気のある患者さんでは、息苦しさや喘鳴などの症状が強くなり、SpO2が普段の値から3~4%低下した場合は、かかりつけ医に連絡するか受診をしてください。

  3. てっちゃん

    オヤ、血の巡り
    戻ってきたぞ
    術後過去4年=手足は氷みたい
    脚はくろ節までその先は指先まで黒
    血液は大切な臓器へ
    食後は消化器へ、だから凄い睡魔がやって来る
    第2の心臓は脹脛
    歩け歩け
    ⦅第2の心臓作動⦆
    21,11,30
    家の中でも足裏暖かく感じる=嬉しい

    21,11,1
    ホウ先生=足首の血の巡り開く=夜暑い、靴下外す、
    第2の心臓が作動開始だ(導尿も卒業)
    確り歩く=好調

  4. てっちゃん

    ///////////////////////////////////////////////////

    【血流】
    ●血流速度=時速216Kmで新幹線と同じ
        =25秒でひと回り
    ●心臓処理能力=10トン/日で1.2トンを腎臓で濾過、内1%=1,2ℓを排尿
    ●一生で32億回送り出し
    ●血液は全体重の7,5%


    【毛細血管】
    ●血管の長さ=10万Kmで、地球を2周半、
    毛細血管の太さは0,5ミクロンで血管の98%


    【動脈硬化】
    ●動脈層=3重層➡コレストロールなどが沈着し湿潤➡動脈は硬くなりもろく
    ➡内径が狭く動脈硬化の引き金に

    【血圧】
    上が140以上で、下が90未満の場合は、
    収縮期高血圧と呼び、
    家庭血圧の基準値はより低く、135/85以上であれば高血圧になります。
    140/90未満は正常血圧ですが、
    120/80未満が循環器病のリスクが最も低い至適血圧です。
    130~139/85~89は正常高値血圧で、
    高血圧ではありませんが要注意の値です
    リハビリの運動ー140、150は注意
    また上が100以下でも。

    【血圧が上がる理由】
    ◎血液の濃度が高くなると、
    ➡水を求め濃度調整➡その結果血圧がアップ
    ➡余分な水分は腎臓で濾過し膀胱へ➡チョクチョク排尿
    ~とりあえず塩分控えめが有効

    ◎温度差=風呂場、衣類室内外注意





    【血の巡り】
    まず脚から心臓まで運ぶのはひと苦労、静脈ー逆流防止弁と筋肉。血液を一方通行にする。
    これは歩く事しかない。




    /////////////////////////////////////////////////


    21,5,12
    聖路加循環器、三隅Dr受診
    脈拍90
    心房細動か単に高いか
    どちらかになれば良い
    血栓のリスク消える

    ////////////////////
    心臓負荷=4信号
    =体重、排尿、浮腫み
    ハーハー



    ///////////////////
    《血管》
    人の血管の長さは、なんと地球2周半。
    人の体全身には、血管が張り巡らされています。
    足の先から頭のてっぺんまで、
    ほとんど隙間なく、びっしり張り巡らされています。
    血管は、3種類があります。

    動脈、静脈、毛細血管です。

    これらの血管をすべて合わせると、
    どのくらいの長さになるか、ご存知ですか。

    なんと、全長で、10万キロメートルです。
    地球の赤道を、2周半できる長さです。
    すごい長さですよね。
    最も細い毛細血管は、赤血球より細くなります。
    赤血球より細い血管を、赤血球は
    どうやって通り抜けるのでしょうか。
    赤血球は、コンニャクのように柔らかいため、
    細長い形に変化して、細い毛細血管を
    通り抜けることができるのです。

    ちなみに、血液が全身を一巡りする時間は、
    およそ1分です。

    1分で、地球を2周半しているわけです。

    心臓から送られた血液が、
    体全身を巡り、血液は、
    酸素、栄養、水分などを細胞に運びます。

    細胞から出された二酸化炭素や老廃物などを取って、8
    尿などとして、体外に運び出します。
    おかげで、手足が動き、脳が働きます。
    素晴らしい体の神秘です。

    私たちは、神秘的な力によって、今ここに、生きています。
    生まれたときから当たり前のようにある体ですが、
    感謝しなければいけませんね。

    ありがとう、血液さん、血管さん。

    【第二の心臓】
    この血流を心臓ポンプ一つで裁かない。
    第二の心臓があるから救われている。
    ふくらはぎはなぜ第二の心臓と呼ばれるの?

    人間の血流は下半身にたまりがちですが、
    これはむくみの原因ともなります。
    ふくらはぎは大きい筋肉なので、
    動かすことで足にたまった血流を勢いよく
    上半身に戻してくれます。
    心臓のように血の巡りをよくするということで、
    第二の心臓と呼ばれているわけなのです。


    ふくらはぎは第2の心臓といわれているように、
    大量の血液が常時たまった状態になっています。
    しかも、ふくらはぎは常に体の下側にありますので、
    たいていの場合、流れが滞りがちになっています。
    女性にみられる冷え性なども、
    下肢、特にふくらはぎにたまった血液の戻りが
    悪くなっているためなのです。








    【標準体重】

    BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))
    BMIの基準値は統計的にみて最も病気にかかりにくい
    健康的な数値とされ、
    この数値から離れるほど有病率が高くなる傾向があります。
    また、BMI以外にも標準体重の求め方は数種類あります。
    最初は世界的にも広く採用されている下記の算出方法です。
    標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
    ・・・・・・・・W=22×160×160=56Kg
    この算出方法は大人用ですので、
    学童期の子供に適用するために作られた公式が
    下記になります。
    標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×身長(m)×13
    次に欧米人の体系ではなく、
    日本に合わした簡易的に用いられてきた算出方法です。
    標準体重(kg)=(身長(cm)-100)×0.9

    //////////////////////////////////////////////////
    心臓病=血圧管理

    《血+水+温度》の話
    そうです、血圧を上げの原因は、どうしても
    =水と温度が絡む。

    ①まずは塩抜き食
    =世間は薄味と言うが減塩の加減は難しいので
    私ははっきり塩抜きでも食品自身に塩は入っているので
    味付け塩、醤油は不要、
    代わりにスパイス入り、
    これは料理方法だけの問題で要は旨ければOK
    スパイス(含む酢)料理は実は素材の味が
    楽しめ実に旨いのだ
    =上さんに感謝・・・・・・これでメキメキ血圧は下がる
    《水が貯まる=浮腫みは体重管理で判る》


    ②温度管理=私は歩いて歩く、日に1~2時間、
    方法は家から出て、アウトドア生活
    電車に乗らないなら必然的に、移動は歩き、
    体は温まる、第二の心臓
    脹脛が活性、しかし、動かない睡眠中の冷えには、
    夜中トイレ行きで足に激しびれでも気ずかなかった、

  5. てっちゃん

    友より、わかりました

    4年前に健康診断を受けたら 血圧が160代 尿から蛋白が出てました
    医者から降圧剤 中性脂肪を減らす薬を処方され呑んでましたが 2年後 立ちくらみ めまい 動悸が、頻発しました

    このような副作用が起こることはわかっていたので 自分の意思で薬を止めました

    以前 石原結實医師の著書 「医者いらず 薬いらずで病気は必ず治る」 を以前買って読んでいたので
    読み返し 1年かけて1日1食生活を達成しました
    結局 癌 糖尿病 血管疾患系の病気は 食べ過ぎが原因ですね

    その結果 体重4キロ減り 血圧も140代 疲れにくくなり 体調もかなり良くなりました

    さらに 現在 何度かノーベル化学賞候補になった前田先生が発見した 活性酸素を除去する スーパーフード 野菜スープを毎日食べてます

⑥体と心の不思議な仕組み

カレンダー

2022/7
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アンケート

アンケートがありません

管理者に通報

利用規約に反している場合は管理者までお知らせください。

管理者に通報
ページ先頭へ戻る
読み込み中です