vb56mwp5wud5tiyxc9dv_320_400-02644c8e.jpg

あす12月26日は日本全国で今年2回目の部分日食が起こります。あいにくの天気の所が多いですが、沖縄県など一部では観測のチャンスがあります。

部分日食は今年2回目

あす12月26日は日本全国で部分日食が起こります。日食(にっしょく)とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。太陽の隠され方によって部分食、皆既食、金環食と3種類に分類されます。日本列島で部分日食が見られるのは今年は2回目。前回はおよそ3年ぶりに1月6日に起こり、東京都内からもはっきりと観測することができました。

晴れていれば日の入りまで観測できる

今年2回目の部分日食は、あす26日午後2時過ぎから日没にかけて起こります。東京では食の始めは14時28分11秒。最大になるのは15時35分27秒です。晴れていれば日没前まで観測することができます。ちなみに、シンガポールの近くやグアム島など東南アジアの一部では金環日食を見ることができます。次回、日本で見られるのは2020年6月21日です。

 

みんなからのコメント

ログインが必要です

カレンダー

2020/2
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

最新のコメントはありません

アクセスカウンター

1
今日のアクセス
2
昨日のアクセス
38
総アクセス数
ページ先頭へ戻る
読み込み中です