発達障害の自閉症スペクトラム障害にみられる感覚過敏のうち、
食事に直接的に影響する味覚過敏のうち、
特に考えたいのは酸味の過敏です。
酸味がある食品の代表というと柑橘類とされますが、
柑橘類はビタミンCが多いだけでなく、クエン酸が豊富に含まれています。
クエン酸は酸味成分そのものの有機化合物で、
柑橘類のほかでは梅干しや酢(特に黒酢)に含まれています。
クエン酸は疲労回復の成分とされていて、
それは全身の細胞で発生するエネルギーを増やす効果があるからです。
細胞の中のエネルギー産生の小器官のミトコンドリア中には、
TCA回路があります。
TCA回路は発見者の名前(ノーベル賞受賞者のハンス・クレブス博士)から
クレブス回路とも呼ばれますが、
もう一つの呼び名はクエン酸回路です。
エネルギー源のブドウ糖、脂肪酸、
アミノ酸はピルビン酸からアセチルCoAに変わり、TCA回路に入ると
クエン酸に変化します。
このあと複数の酸に変化しながら一周してクエン酸に
戻ってきたときにエネルギー物質のATP(アデノシン三リン酸)が発生します。
ATPからリン(P)が一つはずれたADP(アデノシン二リン酸)になるときに
エネルギーが発生します。
クエン酸が体内に多くあると、
TCA回路のスタート地点の成分が多くなるということで、
エネルギー産生が高まります。これは疲労が回復するという結果だけでなく、
全身の細胞で作り出されるエネルギー量が増えることになります。
細胞の中でTCA回路によって発生したエネルギーは、
その細胞の中でしか使われません。
その細胞で作り出されたエネルギーは他の細胞に流れていくことはない、
いわば地産地消の状態となっています。全身の健康のためには、
全身の細胞でエネルギーを多く作り出すために、
クエン酸が有効になるというわけです。
クエン酸は黒酢にも多く含まれます。
一般の酢(米酢)にはクエン酸も含まれるものの酢酸のほうが
多く、クエン酸を多く摂ることができるのは黒酢のほうです。
黒酢には特有の酸味があって、
味覚過敏で酸味が苦手な人には取りにくいものですが、
甘みをつけて酸味を感じにくくして飲むことは可能です。

みんなからのコメント

カレンダー

2020/8
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

最新のコメント

アクセスカウンター

5
今日のアクセス
51
昨日のアクセス
9139
総アクセス数
ページ先頭へ戻る
読み込み中です